ドラマ『黒革の手帖2017』の動画を見逃してしまってお困りではありませんか?

今回の記事では、ドラマ『黒革の手帖2017』の録画を忘れたり、最新話を見逃してしまった方のために、ドラマ『黒革の手帖2017』の動画を無料で公式に視聴する方法について詳しく解説していこうと思います!

ドラマ『黒革の手帖2017』を無料で安全に視聴する方法

ドラマ『黒革の手帖2017』の見逃してしまった最新話の動画を視聴するのであれば、auビデオパスしかありません!

多くのビデオオンデマンドサービスは、だいたい月額1000円近くの利用料金がかかるものなんですが、

au公式ビデオパスの場合は、月額利用料562円(税抜)という、非常に良心的な価格設定で映画やドラマ・アニメを好きな時に好きなだけみることができるというのが最大の魅力です!

初回30日間は無料でお試し利用ができ、ビデオオンデマンドサービスの利用が初めての人にもやさしい料金設定ですね!

また、au公式ビデオパスの見放題プランに加入している利用者は、毎月ビデオコインが540コイン(540円相当)付与されますから、そのコインを当初見たかった作品以外の作品を見るために利用する、なんてこともできてしまいますよ!

さらに、スマートフォンやタブレット、パソコンなどでも視聴可能で、スマホで見ていた映画の続きを、タブレットやPCで視聴しなおすということもできます。

また、テレビであればHD画質で視聴することができますから、高画質で視聴したいという方にもオススメですね。

auビデオパスの公式サイトはこちら⇒p.gifx?idx=0.14161.190567.2202 黒革の手帳 動画配信au公式/ビデオパス‎ 初回30日間無料

 

ドラマ『黒革の手帖2017』について、とある一般の男性の方が思うことを自由に書いてみた~

原口元子(武井咲)は、東林銀行世田谷北支店で派遣社員として真面目に働いています。
実は父が死んで母が背負った借金をそのまま相続、その返済のため銀座のクラブ『燭台』でホステスとしても働いています。
その後自分の店として銀座にクラブ『カルネ』をオープンさせます。
清純派の武井咲が、どんな悪女を演ずるのか楽しみです。
これを演じ切れば、一皮むけた女優になるのではと期待したい。

安島富夫(江口洋介)は、衆議院議員秘書です。
政治家の夢を持って、国有地払い下げ、進学・就職の斡旋、愛人との密会の手配、スキャンダルのもみ消しなど汚れ役をしています。
女は利用するものとクールでしたが、元子との出会いでひかれていく。
元子の持つ黒皮の手帳に絡んで、政財界の大物たちをどうさばいていくかが見ものである。

山田波子(仲里依紗)は、元子とともに東林銀行世田谷北支店で派遣社員として勤務している。
元子に誘われてホステスになると豹変、人気ホステスへと登っていき、やがて元子のライバルとなっていきます。
かっての同僚元子とどんな攻防をするのか。

この3人を中心にしてドラマが展開すると思うが、大手予備校理事長橋田常雄(高嶋政伸)、楢林クリニック院長楢林謙治(奥田瑛二)、政財界のフィクサー長谷川庄治(伊東四朗)など一癖も二癖もありどんな絡みがあるか期待したい。

 

ドラマ『黒革の手帖2017』について、とある一般の男性の方が思う、ストーリー展開の予想

原口元子(武井咲)は、東林銀行世田谷北支店で派遣社員として働いています。
莫大な金を架空名義口座に金を預ける預金者、コネで入行してきた大口取引先の娘を見て、自分の境遇とのギャップに痛感しています。
元子は、父が死んで背負った母の借金をそのまま背負い、その返済に夜は銀座のクラブ「燭台」でホステスとして働いていた。
ほどなく楢林クリニックの院長・楢林謙治(奥田瑛二)の目に止まります。
ある日、「燭台」のママ叡子(真矢ミキ)に連れられ、元子は楢林とのゴルフに出かけます。
そこで大手予備校上星ゼミナールの理事長橋田常雄(高嶋政伸)と衆議院議員秘書の安島富夫(江口洋介)と出会います。

やがて元子は、大金の横領金を手中に収め、それを元手にクラブ「カルネ」を開店する。
その「カルネ」には、楢林、橋田、安島などが足を運びます。

元子と銀行時代に同僚だった人気ホステスの山田波子(仲里依紗)が店を辞めて、同じビルに独立することになります。
元子は、それを阻止しますが、波子との間は憎しみの間柄になってしまいます。

元子は、銀座の一流クラブ「ルダン」が手放されると聞き、手に入れようと画策するが、罠にはめられていきます。

元子と関係する人物たちとの緊迫感と攻防の展開が楽しみです。

 

auビデオパスの公式サイトはこちら⇒p.gifx?idx=0.14161.190567.2202 黒革の手帳 動画配信au公式/ビデオパス‎ 初回30日間無料

 

ドラマ『黒革の手帖2017』 第1話のネタバレあらすじ

東林銀行世田谷北支店で派遣社員として働く原口元子(武井咲)。莫大な金を預けにくる顧客や違法な“借名口座”に金を預ける預金者、そしてコネで入行してきた大口取引先の娘と自分の人生を比較し、そのあまりの違いに現実を痛感していた。

そんな日々を送りながら、昼は派遣社員、夜は銀座のクラブ『燭台』でホステスとして働く元子。すべては母親が遺した借金を返済するためだった。

容姿もよく、夜の世界の住人にしては純粋な雰囲気の元子は、ほどなくして上客である楢林クリニックの院長・楢林謙治(奥田瑛二)の目に止まる。ある日、『燭台』のママ・叡子(真矢ミキ)に連れられ、楢林とのゴルフに出かけた元子は、そこで大手予備校・上星ゼミナールの理事長・橋田常雄(高嶋政伸)と衆議院議員秘書の安島富夫(江口洋介)と出会う。まさかこの出会いが、この後の人生を大きく変えることになるとは、知る由もない一同だったが…?

そんな折、東林銀行で、ある事件が発生する。それを契機に元子はこれまで秘密裏に進めていた“ある計画”を実行に移すことを決意して…?

auビデオパスの公式サイトはこちら⇒p.gifx?idx=0.14161.190567.2202 黒革の手帳 動画配信au公式/ビデオパス‎ 初回30日間無料